読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんなり。

レビューとか日頃のあれこれ

僕の一子相伝とは

f:id:tyuukosya:20170329151452j:plain

一子相伝とは

学問や技芸などの秘伝や奥義を、自分の子供の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないこと。「相伝」は代々伝えること。

僕には秘伝や奥義を教えることはできません。

こんな僕でも代々引き継いでいることはあるんです。

そんな一子相伝の意味を記憶に残したまま続きをどうぞ。

 

 

いやー昨日は寝すぎましたわー

 

春眠暁を覚えず なんてねw

 

1週間前の日曜日から今日は出かけるぞと話しておいたのに・・・

待ち合わせの時間をとっくに過ぎても奴は現れない

仕方なく奴の自宅へ
 
のん気に寝てる友人を叩き起こし、ラーメンでもおごれ。と車に乗せた

ちょうど町田のバイクパーツ屋に用があったので町田周辺に車を走らせて
 
途中にあった古ぼけたラーメン店に入った。

スポンサーリンク
 
 
「味の好みは!?濃い目!?普通!?薄目!?」

 
と叫ぶおっさんを暑苦しいと感じながらも僕は「濃い目で」と答えた
 
するとおっさんは
 
「お客さん!!うちのは味濃いッスよ!!!」
 
と叫んだ
 
るせージジィ!んなら最初から聞くんじゃねーさっさと濃い目で出せよボケ!
 
心の中でつぶやくのを押さえ込み

僕は「濃い目で」と静かに答えた
 
 

うわーアイツバカだーw!素人だー!w
 
 

一瞬店内がどよめいたのを感じた
 
そしておっさんが僕の前にラーメンを置いた
 
気分が悪くなるほどの醤油臭は、タレがほぼ原液であろう事を示していた。
 
「どうです?やっぱり薄めましょかw?」
 
おっさんは半笑いで聞いてきた
 
 
ッチ・・・めんどくせーな・・・
 
 

おそらく口内炎はまぬがれないであろうその極悪ラーメンを

僕はおごらせたという気負いもあって食べきろうと思った。
 
尋常じゃない汗を額にうかべ咳きこみながら食べた
 
心地よい春の風がめくる道行く女子高生に目もくれず・・・

スポンサーリンク
 
 
 
僕が小学校の頃、まだ小さかった頃、買い物帰りのおかんが
 
この橋を渡らないでください。と書かれた看板を見つけ
 
得意げな顔でしょぼい橋の真ん中を渡り
 
真ん中の板だけブチ破れて川に落ちたのを思い出した。
 
 
 
バカは死ななきゃ治らないと言うけれど
 
一子相伝で伝わっていくものでもある。ということをいまここのラーメンで学んだ。
 
 

 
けっきょく食べ切れなかった僕が
 
目的地である八王子のパーツ屋に到着すると
 
アンミラの制服やどっかの中学のジャージやモスの制服を売っている怪しげな店になっていた。
 
 

 

やっぱ地元がいいなと思った。

 

hannari.hatenablog.jp

 

 

hannari.hatenablog.jp